遺産分割協議書の注意点

家族

全員の合意が不可欠

不動産は、一般的に考えて分割し難く評価も難しいことから、相続トラブルを発生しやすい財産とされています。不動産価格には相続税評価額それから、不動産鑑定評価額並びに売却価格などさまざまあり、評価が大きく違うこともあります。従って額面がいくらかでもめるケースがあります。 加えて、額面で意見一致しても、家などの不動産のケースでは、誰が暮らすのかなどによって均等に区分けすることが困難です。不動産のみならず預貯金があれば、それなりに預貯金でバランス状態をとりながら配分出来ますが、かなずしも預貯金が相当額あるとはいえません。さらに、等しい価値の資産と言いましても、預貯金に関しては素早く使えますが、不動産は売り渡さないとキャッシュ化出来ないので、様々な意見がでて、そう簡単にはまとまらないことがおこります。遺産分割協議に関して、注意すべき点として当事者すべての人の合意がないと有効となりません。要するに、共同相続人の内たった一人が欠けているケースや、特定相続人が異議を唱えているのに多数決によって決議をしたケースには、その遺産分割協議は有効ではありません。分割の話し合いを実施する中で、トータルでは話が合わせないが、一部は合意できる場合があります。ひとつの例として、空き家は先行して売却し、お金を法定相続分で区分けすることだけは決まったというようなケースです。 以上のようなときには、決着がついている遺産の一部に対してのみの協議成立させることはできます。

積木の家

住宅を手に入れたい際には

川崎は住宅展示場も多いところです。住宅展示場を利用することによってどのような家を建てたら良いのか良い示唆を得る事もできるようになります。住宅展示場のスタッフにはいろいろと聞いて知識を仕入れておくこともおすすめです。

詳しく見る

女性

一戸建ての購入計画

一戸建て住宅を横浜市内で買うときには、沿線別に情報を絞り込み、自己資金や返済能力を考えて物件を選ぶべきです。特に不動産会社が自社で開発した分譲住宅は価格が割安であり、市内北部でハウスメーカーが販売している高級物件も魅力的です。

詳しく見る

お金と家

借りている土地を売る

借地権とは土地を借りて使用する権利のことですが、この権利は売買することができます。しかし、借地権売買は日本ではあまり盛んに行われているものではありませんから、トラブルも多いものです。トラブルを避ける上でも専門の業者に任せるのが無難です。

詳しく見る

住宅模型

土地活用の基礎知識

土地などを相続したときには、駐車場や賃貸アパートなどを経営して、不動産を有効に利用するのがポイントです。サポートが手厚い駐車場運営会社を活用したり、不動産の有効利用のノウハウを持つハウスメーカーに相談するのが賢い方法です。

詳しく見る

インテリア

マイホーム購入時の味方

川崎の住宅展示場では各ハウスメーカーのモデルハウスを比較することができるので、自分の好みやこだわりを実現できる会社を探し出すことができます。現地では営業担当者の話や実際の建物を見て情報収集に努めましょう。

詳しく見る