借りている土地を売る

お金と家

トラブルを避けるためには

借地権とはその土地を借りる権利のことです。この借地権は売買することが出来ないものと考えている人も多くいると思いますが、あくまでも借地権は土地を利用するための権利として認められているもので、契約内容によっては売買することが可能です。借地権売買を行うさいにもっとも気をつけなければならないのが、地主との合意です。あくまでも土地の権利は地主にあるため借地権を無条件に誰かに譲るということは出来ず、売買には譲渡承諾許可が必要です。借地権の売買では名義書換をするわけですが、このさいに名義書換料が発生します。一般的な目安としては借地権価格の10%前後とされています。基本的には地主との合意の上で行えればもっともベストな借地権売買ですが、難しい場合には、裁判所にて譲渡承諾を受けるという手段もあります。ただこの場合には専門の知識と時間であまり現実的ではありませんし、裁判所に譲渡するさいには、買主が決まっているなどの条件があります。さらにもっとも大きな障害としては、借地権の売買が一般的ではないため業者によって査定価格にバラツキがあります。これは土地との売買とは異って、流動性が極めて少ないものであることが原因です。このため事情に精通していない不動産会社が仲介に入っても話が進まないどころか時間が価格が折り合いが付かず撤回されてしまうケースもあります。このため借地権売買では、専門の業者に依頼することが重要です。